認知症ってどんな病気?

認知症は、正常だった脳の機能が、何らかの障害によって継続的に低下し、日常生活に支障をきたす状態のことを指します。

認知症は、ひとつの病気の名称ではありません。原因になる病気によって色々な種類があります。日本では、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症が四大認知症と呼ばれています。中でも最も多いのが、アルツハイマー型認知症です。

また、認知症は65歳以上の10人に1人、85歳以上では4人に1人かかる、ありふれた疾患です。生きていれば誰でも当事者として、あるいは介護者として、認知症と関わります。今のうちから認知症の知識をしっかり身につけておきましょう。

物忘れと認知症の違いは?

年齡を重ねるにつれて、人や物の名前が思い出せなくなったり、忘れっぽくなるのは誰しも経験すること。しかし、「認知症の記憶障害」と「加齢による物忘れ」は全く別物です。このふたつは、一見するとよく似ているため混同されやすいのです。まずは両者の違いを知っておきましょう。

種別 物忘れ 認知症
原因 加齢による脳細胞の機能低下 脳細胞の死滅により脳が萎縮する
記憶 体験したことの一部を忘れる
(きっかけがあれば思い出せる)
体験した事実自体を忘れる
(完全に記憶が抜けている)
具体例 昨日の夜ごはんのメニューを思い出せない 昨日の夜ごはんを食べたかどうか思い出せない
生活への支障 とくに支障なし 支障あり
進行性 進行しない 進行する
自覚症状 物忘れの自覚あり 物忘れの自覚なし
身体機能への影響 記憶力は低下 記憶力の低下とともに、判断力や時間間隔も低下

認知症は私達の身近にある、ありふれたもの

2015年1月に厚生労働省は、2025年には認知症の高齢者は700万人を超え、65歳以上の5人に1人が認知症になると発表しました。

日本における認知症の人数増加予想グラフ
出所:平成28年版高齢社会白書を元に作成

つまり、65歳以上の3人に1人が認知症当事者と認知症予備軍になると予測されています。年を重ねれば、誰がいつなってもおかしくない、とても身近なものということが分かります。

全国の認知症の人口グラフ

認知症にはさまざまな種類があります。その中でも半数を占めているのがアルツハイマー型認知症です。続いて、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症と続きます。また、最近では、「認知症とまではいかないが、健常でもない」というグレーゾーンの状態を指すMCIも増加傾向にあります。

認知症について詳しく知る

まず、アルツハイマー型認知症を思い浮かべる方が多いですが、認知症の種類によって症状や治療方法が異なります。それぞれの種類に適した治療を行っていきましょう。

種類・症状・注意点について知る
治療について知る
若年性認知症について知る

認知症と健常の中間「MCI」について知る

正常レベルと発病までの中間的な時期を「軽度認知障害(MCI)」と言い、認知機能の一部に問題はあるものの、日常生活には支障がない状態を指します。この段階で適切な治療を受ければ、認知機能の低下を遅らせ、発病を延ばすこともできるといわれています。
MCI(軽度認知障害)について詳しく知りたい方はこちら

介護のお仕事

認知症の基礎知識

Facebookコメント