脳血管性認知症の基礎知識

アルツハイマー型認知症の次に多いとも言われる、代表的な病型です。アルツハイマー型と比べると、まだまだ知名度はありません。

代表的な原因は、脳の血管がつまる脳梗塞や、血管が破れる脳出血、くも膜下出血などの脳卒中など生活習慣病がもとで起こる疾患が挙げられます。脳自体が変性するのではなく、なんらかの疾患や、外傷の影響を受けて発症する二次性認知症です。

脳血管性認知症になりやすい人

健康な女性に多いアルツハイマー型認知症に対して、脳血管性認知症は、動脈硬化が進んだ男性に多い傾向があります。以下の持病や発病歴、生活習慣があると、脳卒中が起こりやすく、発病のリスクが高まります。

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 高コレステロール血症(脂質異常症)
  • 関節リウマチ(膠原病/こうげんびょう)
  • 血液が固まりやすい
  • 煙草を吸う
  • ストレスに弱い
  • 運動不足

1980年代までの日本では、高血圧や生活習慣病のリスク啓蒙が浸透しておらず、脳血管障害だけで重い認知症になる人も少なくありませんでした。その後、国をあげての健康促進によって生活習慣を気にする人が増えたことで、脳血管性認知症の全体数は少なくなったと言われています。

本人も気づきにくい多発性脳梗塞に注意

脳卒中

脳血管障害のなかでも、もっとも原因になりやすいのが、脳梗塞です。救急車で病院に担ぎ込まれるような大きな脳梗塞ではなく、小さな梗塞が多数おこる「多発性脳梗塞」とよばれるタイプの疾患が多くを占めます。

多発性脳梗塞は、目に見える後遺症がなく、ときには本人も発症したことさえ気づかない程度の軽い病気です。しかし、10年以上経過すると高確率で脳血管性認知症を引き起こします。

脳血管性認知症がたどる経過

脳の変性によって引き起こされる認知症は、潜伏期間が長く、ゆるやかに進行するのが特徴です。これに対し、脳血管性認知症は突然発症し、状態のダウンがはっきりとわかる段階的な進行が特徴的です。また、良くなったり悪くなったりを繰り返し、状態が一定しない傾向もあります。

脳血管性認知症の進行

脳梗塞や脳卒中、くも膜下出血になった日をきっかけにはじまり、その後、脳卒中等の発作が再発するたびに悪化していくのが一般的です。

主な症状

ダメージを受けた脳細胞の場所によって個々の症状が変わります。共通して起こりやすい代表的な症状は、次の通りです。

まだら認知症…日や時間帯で症状が変わる
脳梗塞や脳出血によって壊れた細胞と、壊れていない細胞があり、その障害の受け方も様々なので、症状が一定せずまだらに表れる現象です。脳の血流の加減によっても症状が変化します。例えば、朝は自分の名前もハキハキと言えたのに、午後になると鬱っぽく言葉が出てこない…等、つい最近まで出来ていたことが出来なくなる場合があります。
運動機能障害…歩行障害、言語障害、嚥下障害など
うまく物を飲み込めない嚥下障害、手足のしびれや片麻痺、震え等のパーキンソン症状、失語、ろれつがまわらない等の発語の障害、尿失禁など、運動機能のさまざまな障害もよく見られます。初期の頃から出ることもしばしばあります。
抑うつ状態…気分の落ち込みが激しい
特に初期は「できないこと」や「わからないこと」の自覚がはっきりとしている傾向があります。そのため、自身の状態にショックや不安を感じ、うつ状態になることも多くあります。夜になると意識障害を起こして取り乱す「夜間せん妄」も起きやすく、昼夜逆転する場合もあります。
感情失禁…感情のブレーキが効かない
脳血管性障害の最も特徴的な症状のひとつと言われるのが「感情失禁」です。感情の抑制がきかなくなることで、例えば、「こんにちは」と声をかけただけで涙を流して泣き笑う、些細なことで怒りの歯止めが効かなくなる等があります。これは、感情機能をつかさどる前頭葉の血流が阻害されることが原因で起こります。

脳梗塞後の経過を注意深く見守るのが大切

脳卒中の経過を見守る
脳梗塞、脳出血、くも膜下出血といった脳卒中は、日本人の死亡原因の第3位。生命に大きく関わる事態のため、急性期治療が最優先され、患者さんの認知機能まで調べることはあまり一般的ではありません。記憶障害や運動障害、言語障害が出ていたとしても、脳梗塞の後遺症と判断されるケースが多くあります。急性期の治療やリハビリが一段落したとき症状が見られたら、可能性も視野に入れ、医師に相談しましょう。

接する時の注意点

「まだら症状」を理解する
常識的なしっかりした部分と、どうしてこんなことをするのかという言動が入り混じるため、周囲の人も混乱しやすくなります。特に初期は、「なぜ、さっき出来ていたことができないのか」と、歯がゆく感じることもあるでしょう。しかし、時間によってムラがあることを理解し、症状が現れた時も落ち着いて対応することで、本人の混乱も最小限に抑えることができます。
孤立させないように注意する
抑うつ状態に陥りやすいので、他の人との交流を避けてひとりを好む傾向があります。介護施設で行われるレクリエーションやリハビリにも消極的になりやすく、人との接点が減ることで、自発性も失われるという負のサイクルに陥りがちです。地域の結びつきや役割をつくったり、集団行動を強制しない小規模のデイサービスを探したり、本人を孤立・孤独させないように気を配ることが大切です。
食生活や運動等、生活習慣を見直す
脳出血などの発作・再発は、症状悪化の大きな原因です。血圧やコレステロールが急騰しないように、軽いウォーキングをしたり、健康的な食生活を心掛けたり、ストレスを溜めない生活を心掛けましょう。

★他の認知症症型の情報を見る
アルツハイマー型認知症の概要・症状・対応方法について詳しく知りたい方はこちら
レビー小体型認知症の概要・症状・対応方法について詳しく知りたい方はこちら
前頭側頭型認知症(ピック病)の概要・症状・対応方法について詳しく知りたい方はこちら

介護のお仕事

認知症の基礎知識

Facebookコメント