サアミオン(ニセルゴリン)の概要・効果・副作用まとめ

サアミオン(一般名:ニセルゴリン ※以下サアミオン)は、脳梗塞治療薬(脳循環・代謝賦活薬)で、脳神経伝達機能の改善作用や、脳エネルギー代謝改善作用があるお薬です。

サアミオンの概要

商品名 サアミオン
発売日 1988年5月
一般名 ニセルゴリン
剤形 散剤、錠剤
投与回数 1日3回
維持容量 1回5mg
発売元 田辺三菱
製造販売 田辺三菱

サアミオンの服用方法

サアミオンは、通常成人1回5mgを3回に分けて服用します。12週で効果がない場合は中止してください。

サアミオンの錠形

サアミオンは、「錠剤」「散剤」の2種類の錠形があります。

剤形 特徴
錠剤 一般的な錠剤。表面が膜で覆われているので苦みを感じず飲み込みやすいのが特徴
散剤 医薬品を粉末又は微粒状に製したもので、錠剤やカプセル剤に比べ早く体内に吸収される

サアミオンの効果・効用

サアミオンの働きで得られる効果・効用は次の通りです。

意欲低下の改善

脳梗塞後遺症には、感情が不安定になります。脳の血流やエネルギー代謝が改善することで意欲低下も改善されます。

サアミオンの副作用

強い副作用はほどんどなく、まれに食欲不振、下痢・便秘、肝障害、めまい、発疹がみられます。

サアミオン服用の注意点

頭蓋骨内出血後止血が完成していないと考えられる患者は服用できません。

サアミオンの薬価

商品名 薬価
サアミオン錠5mg 29.50円
サアミオン散1% 65.20円

認知症中核薬の情報を見る
アリセプト(ドネジペル塩酸塩)
メマリー(メマンチン塩酸塩)
イクセロンパッチ、リバスタッチパッチ(リバスチグミン)
レミニール(ガランタミン)

参考文献:今日の治療薬(株式会社南江堂発行)
介護のお仕事

認知症の基礎知識

Facebookコメント