時々どうしていいのか分からなくなります。

ホーム フォーラム お悩みQ&A掲示板 時々どうしていいのか分からなくなります。

このトピックには1件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。2 ヶ月、 2 週間前 おやまさん さんが最後の更新を行いました。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #22506 返信

    猫屋萬年堂

    一人暮らしの母は軽度の認知症と診断されております。母は函館、わたしは横浜に住んでおり定期的に訪れるようにはしています。
    母は要介護認定を受けて居ますがそれは足が不自由との理由で認知症ではありません。
    痴呆科でのテストでは高得点でヘルパーさんやケアマネジャーは意欲もあり自活できていると判断されます。
    でもわたしが見ている限り物忘れはもとより論理的にものを考えるのも難しい感じです。
    ここ数年は突然の呼び出しが増えました。詐欺にあったとか既に収めたはずの税金の請求が来たとか生活費がなくなった等、金銭の管理が難しい感じです。
    普段の生活でも、何度も家の同じ部分を修繕をする、家電製品を勧められるままに買い換える、怪しげな業者を家に入れ不要の金銭を支払う、食事を自分で用意することが困難でお菓子で済ませることが多い、洗剤類を適切なものがつかえない、詰替を間違うなど例をあげればキリがありません。
    母の収入は年金だけで私の援助が必要なのに私は離職することになり以前ほど無駄な出費が出来る状況ではなくなって来ました。

    幸い夫とその家族の理解があるため同居を決意し、母の意向も確かめ引越しを計画しました。
    しかし土壇場で主治医、親戚の反対と母自身から拒否され頓挫しました。
    親戚からは痴呆科の治療やヘルパーさんなどの支援を受けないでほしいとも言われています。
    誰に相談することも、愚痴を言う相手もいなく、いつ仕事に復帰することが出来るのかも分からない状況でまだ介護の入り口に立ったばかりなのに八方塞がりに感じています。

    今、私に出来ること、するべきことも分かりません。
    誰に何をどう相談するべきなんでしょう?

    #22734 返信

    おやまさん

    初めまして、おやまさんと言います。

    八方塞がりの状態とのことで、
    大変な思いをされているのではないでしょうか。

    私はアルツハイマー型認知症の義母を15年介護しました。
    一昨年他界したのですが、今思えばこうしておけばよかったということがあります。

    それは、本人の意向を大事にすることです。

    ご親戚の方との折り合い(?)は難しいと思いますが、
    何よりお母様のことを考えた際、
    お母様がどのような生活を望んでいらっしゃるのか、
    その生活を維持するためには何をしなければならないのかが大事になるのではと思います。

    私も介護しているときは一生懸命後悔しないつもりでやっていましたが、
    今となっては「あのときこうしておけばよかった」という後悔がたくさん出てきます。

    猫屋萬年堂さんには後悔しない介護をしてほしくて、
    掲示板に記載しました。

    今となってはなのですが…介護はできないことに直面した人に対して、
    手助け(手を差し伸べる)することなんだって思いました。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: 時々どうしていいのか分からなくなります。
あなたの情報:




認知症の基礎知識