エンタメ・カルチャー
2016.11.7

認知症介護小説『その人の世界』vol.20

今の時代だとペンションていうのかしら、こういうの。 要するにお泊りする所なのよね。お部屋におトイレがついていて、食事は決
エンタメ・カルチャー
2016.10.24

認知症介護小説『その人の世界』vol.19

物干し竿みたいな棒が二本、横に並んでいる。腰くらいの高さのそれは、どうやら伝って歩くためのものみたい。 「はい、立ってく
エンタメ・カルチャー
2016.10.19

介護漫画「介護士、アートする。」vol.4

高齢者と共にアートしていて、幸せなのは私です。 身も心も震えるような感動を何度も味わってきました。 本編 高齢者と見つめ
エンタメ・カルチャー
2016.10.3

認知症介護小説『その人の世界』vol.18

朝の8時はパトロールの時間だ。 交番の仕事を定年で辞めてから、私はそれまで副会長として携わってきた町内会の会長を務めるこ
エンタメ・カルチャー
2016.9.2

認知症介護小説『その人の世界』vol.17

正直、この部屋は薄気味悪いのです。 お世話になっているのに文句は言えないのですが、私はこの部屋にはいたくありません。常に
エンタメ・カルチャー
2016.8.26

介護漫画「介護士、アートする。」vol.3

祖父とした最期の会話を、今でもふと思い出します。 祖父は寝たきりで認知症が進み、言葉を失っていました。枕もとに耳を寄せた
エンタメ・カルチャー
2016.8.23

認知症介護小説『その人の世界』vol.16

責めるように照りつける太陽に負け、僕は木陰へ逃げた。三人分ほどのベンチの端では中年の男性が本を開いており、僕はその反対側
エンタメ・カルチャー
2016.7.26

介護漫画「介護士、アートする。」vol.2

「ああ、帰りたい…」 くたくたの帰り道。ふと、一人ごとがこぼれました。はっ、と我に帰り、辺りを見回し一安心。よかった、誰
エンタメ・カルチャー
2016.7.7

認知症介護小説『その人の世界』vol.15

俺はバカになっちまった。 医者みたいな格好のやつにガキでもできるような計算問題をやらされ、答えることができなかった。 「
エンタメ・カルチャー
2016.6.20

介護漫画「介護士、アートする。」vol.1

はじめまして、飴色珈琲と申します。日々、高齢者とアートする介護士です。アートは「その方らしさ」をそっとすくい上げます。