エンタメ・カルチャー
2016.8.23

認知症介護小説『その人の世界』vol.16

責めるように照りつける太陽に負け、僕は木陰へ逃げた。三人分ほどのベンチの端では中年の男性が本を開いており、僕はその反対側
エンタメ・カルチャー
2016.7.26

介護漫画「介護士、アートする。」vol.2

「ああ、帰りたい…」 くたくたの帰り道。ふと、一人ごとがこぼれました。はっ、と我に帰り、辺りを見回し一安心。よかった、誰
エンタメ・カルチャー
2016.7.7

認知症介護小説『その人の世界』vol.15

俺はバカになっちまった。 医者みたいな格好のやつにガキでもできるような計算問題をやらされ、答えることができなかった。 「
エンタメ・カルチャー
2016.6.20

介護漫画「介護士、アートする。」vol.1

はじめまして、飴色珈琲と申します。日々、高齢者とアートする介護士です。アートは「その方らしさ」をそっとすくい上げます。
エンタメ・カルチャー
2016.6.10

認知症介護小説『その人の世界』vol.14

こんな屈辱があって許されるはずがない。 誘われるままについてきた集まりだった。祭りで売る小物を作るから手伝ってほしいと頼
エンタメ・カルチャー
2016.5.16

認知症介護小説『その人の世界』vol.13

まえがき この物語は、前頭側頭型認知症の主人公が薬の副作用の影響を受けている状態の内部環境をイメージして描いたものです。
エンタメ・カルチャー
2016.4.12

認知症介護小説『その人の世界』vol.12

あの二人は私を殺そうとしている。 最近の夫は何を考えているのか、朝と夕方に家政婦を雇い始めた。確かに私はからだが昔から丈
エンタメ・カルチャー
2016.3.24

介護する夫婦は「4つのグループ」に分けられる話

以前、婦人公論さんの取材を受けたとき、「奥さまは、介護についてどのようにお考えですか?」と聞かれました。読者層を考えての
エンタメ・カルチャー
2016.3.4

認知症介護小説『その人の世界』vol.11

誰か、助けてください。 長い夢からなかなか醒めないのです。並んだふたつの高層ビルの屋上に渡してあるのは長い平均台です。私
認知症介護小説『その人の世界』vol.10
エンタメ・カルチャー
2016.2.16

認知症介護小説『その人の世界』vol.10

手のひらに乗るほどの小さな花瓶から、一輪の水仙が背すじを伸ばしている。 僕はそれを応接セットのテーブルから廊下へ移した。