芳賀 由紀子

芳賀 由紀子

弁護士。大学卒業後JRに入社。法務室に配属され自分のアドバイスで人が笑顔になることに喜びを感じ,一念発起して弁護士を目指す。法科大学院在学中は特待生として授業料免除を受け,その後司法試験に合格。弁護士になってすぐに経験した遺産分割事件で,親族間の凄まじい紛争を目の当たりにし,相続問題に関心を持つようになる。日々の業務の中で多数の相続案件を取り扱うとともに、「ベスト・クロージング」(有限責任事業組合)において、分野の異なるスペシャリストと共に相続&終活のサポートを行う。NPO法人遺言・相続リーガルネットワーク所属。著書に「遺言書作成のための適正な遺産分割の考え方・やり方」(同文舘出版)。その他、共著多数
認知症の制度・法律
2015.10.12

認知症だと診断されたら、遺言は書けませんか?【お悩み相談】

法定後見人
認知症の制度・法律
2015.9.9

介護家族が知っておくべき「法定後見制度」とは

【アイキャッチ】成年後見人
認知症の制度・法律
2015.7.29

認知症の人の老後の生活と資産を守る「成年後見制度」とは?

認知症の制度・法律
2015.6.25

親の介護をしたら、相続でメリットはある?ない?

認知症の制度・法律
2015.5.7

相続のこと、親が認知症になったらどうすればいい?