山川洋子

山川洋子

支援学級にて筋ジストロフィーやアスペルガーのある児童のケアをきっかけに介護と出会う。現在は医療法人松下会デイサービスエリクシールの生活相談員に従事。その傍ら、施設の業務改善アドバイザーを承ったり、地域で困っている方を、保険外でお手伝いしたり、外出サポートなども行う「チームおたがいさん」も行っている。介護福祉士、認知症介護実践者。

とある介護職員のとある日常「認知症を伝えること」

2018.1.10認知症介護日記

とある介護職員のとある日常「介護職冥利」

2017.12.26認知症介護日記

とある介護職員のとある日常「思い出作りをともに」

2017.12.8認知症介護日記

とある介護職員のとある日常「知るということ」

2017.12.1認知症ケアのコツ

とある介護職員のとある日常「寄り添うの意味」

2017.11.15認知症介護の悩み

とある介護職員のとある日常「特別じゃない」

2017.11.2認知症介護の悩み

とある介護職員のとある日常「おたがいさま」

2017.10.13認知症介護日記