河合雅美

河合雅美

1972年生まれ。夫と二人の娘の四人家族。介護老人保健施設と調剤薬局に薬剤師として勤務。アルツハイマー病の母(要介護2)が同じマンションの別フロアーで一人暮らしをしている。診断当初は、どうしていいのかわからず、母娘でケンカばかりしていた。ある時、母としっかり向き合うことができ、認知症があっても、やりたいことやできることがたくさんあることを知る。現在は、認知症と共に生きる母を前向きにサポートしている。
にんちしょうをあきらめるのは悪いことですか?アイキャッチ
認知症介護の悩み
2017.5.8

認知症を「あきらめる」のは悪いことですか?

認知症介護日記
2016.10.26

「認知症と共に自分らしく生きる」その言葉の意味とは?

認知症介護日記
2016.9.23

「精神状態が不安定では、抗認知症薬も効かない」

認知症介護日記
2016.6.29

若年性アルツハイマー病と診断された母が利用しているサービスや支援の話

認知症介護日記
2016.4.28

全部歌えたことがうれしい!母娘で受けている音楽療法の話

認知症介護日記
2016.4.1

【体験談】認知症カフェで友達を見つけることができた母の話

認知症介護日記
2016.3.14

認知症になってから人生戦略を立て直したはなし

アルツハイマー型認知症の母の本音に気付いた日
認知症ケアのコツ
2016.2.9

アルツハイマー型認知症の母の本音に気付いた日

母が認知症を受け入れられるようになったきっかけ
認知症介護日記
2016.1.12

母がアルツハイマー型認知症を受け入れることができた理由