後藤 京子(GOTO)

後藤 京子(GOTO)

「音楽の花束」代表。星美学園短期大学講師。東京音楽大学卒、同大学第2副科オルガン専攻修了、邦楽演奏コース長唄三味線専攻修了。1986年日本ピアノコンクール全国大会第3位、受賞記念演奏会出演、1987年読売新人演奏会出演。NHK邦楽技能者育成会に学ぶ。短大西洋音楽史講師、小学校音楽科教諭を経て2004年より「音楽の花束」のプロデュース活動を始める。2015年きらめき認知症シスター(きらめき認知症トレーナー協会認定)取得。カトリック東京カテドラル関口教会オルガニスト。デイサービス「空の花 高井戸」取締役副社長。>>公式サイトへのリンクはこちら「音楽の花束」
認知症介護の悩み
2016.7.1

介護に役立つアセスメントの重要性と音楽の力を実感した話

認知症ケアのコツ
2016.6.1

きっかけは音楽だった!感情のコントロールが難しい認知症高齢者には気づきのケアを

認知症ケアのコツ
2016.4.26

高齢者が音楽を聴きながら運動することで得られる効果と注意点

認知症ケアのコツ
2016.3.23

ちょっとの工夫で聞こえてくる「やりたくない」に隠された「やりたい」の声

認知症ケアのコツ
2016.2.26

「チイチイパッパは嫌」というお年寄りにも喜んでもらえる音楽のコツ

歌うことは心身のリハビリテーション
認知症×エンタメ・カルチャー
2016.1.19

「歌う」ことは心と身体のリハビリテーション!【音楽で認知症予防】

認知症と古典音楽(三味線、長唄)
認知症ケアのコツ
2015.12.21

認知症のお年寄りが「古典音楽」に触れて涙した

高齢者が集中する音楽
認知症の予防
2015.11.12

認知症が深い高齢者も「集中」できる音楽とは

高齢者に伝わる音楽
認知症ケアのコツ
2015.10.9

認知症の高齢者に「伝わる」音楽とは

【アイキャッチ】施設形態ごとの音楽の役割
認知症ケアのコツ
2015.9.3

介護施設の種類ごとに異なる「音楽プログラム」の役割って?