小森亜希子

小森亜希子

大学、大学院と音楽療法について学んだ後、認知症対応型グループホームに勤務。認知症の方とのコミュニケーションの取り方や終末期について多くのことを学び、音楽が様々な記憶と結びついていること、気持ちを落ち着かせるために有効であることを実感。認知症介護実践者研修、認知症介護実践者リーダー研修を終了。現在、介護老人保健施設で介護業務に携わりながら、音楽療法の効果をケアに結びつける具体的な手段を模索中。【保有資格】日本音楽療法学会認定音楽療法士、介護福祉士

幻覚が消えた!音楽療法で蘇る認知症高齢者の悲しい記憶

2016.6.14認知症ケアのコツ

認知症高齢者とそのご家族に効果がある音楽療法の基礎知識

2016.5.10認知症の治療