小森亜希子

小森亜希子

大学、大学院と音楽療法について学んだ後、認知症対応型グループホームに勤務。認知症の方とのコミュニケーションの取り方や終末期について多くのことを学び、音楽が様々な記憶と結びついていること、気持ちを落ち着かせるために有効であることを実感。認知症介護実践者研修、認知症介護実践者リーダー研修を終了。現在、介護老人保健施設で介護業務に携わりながら、音楽療法の効果をケアに結びつける具体的な手段を模索中。同居しているアルツハイマー型認知症の祖母(96歳)と出かけることが日課。【保有資格】日本音楽療法学会認定音楽療法士、介護福祉士
v
認知症の治療
2017.8.4

音楽療法の基礎知識|認知症への効果、進め方、体験談まとめ

音楽療法がBPSD軽減につながる理由
認知症の予防
2017.6.13

なぜ音楽療法でBPSDが緩和するのか

入浴介助が100倍スムーズになった介護者の○○とは
認知症介護の悩み
2017.5.11

入浴介助が100倍スムーズになった介護者の○○とは

認知症介護の悩み
2017.3.28

「症状」と一括りにしていませんか?真実は症状の「理由」にある!

認知症介護の悩み
2017.2.10

介護職は一方的な感情労働ではない!認知症高齢者の声に救われる日々

認知症の予防
2016.12.19

認知症介護従事者にも有効だった!音楽療法が人に与える影響とは?

認知症介護の悩み
2016.11.11

認知症ケアとは生活状態を改善するためにとる行動の過程である

認知症ケアのコツ
2016.9.30

ニューカルチャーが定着した今、認知症ケアで気を付けなければならないこと

認知症ケアのコツ
2016.6.14

幻覚が消えた!音楽療法で蘇る認知症高齢者の悲しい記憶

認知症の治療
2016.5.10

認知症高齢者とそのご家族に効果がある音楽療法の基礎知識