【認知症と食事】食べたばかりの「ご飯まだ?」にどう対応する?

by 佐藤 瑞紀佐藤 瑞紀 59569views
【アイキャッチ】ごはんまだ?にどう対応するか

認知症の人は、時に食事をしたばかりなのに「ごはんまだ?」と催促したり、「お腹がすいた、朝から何も食べていない…」と言ったりします。食事したことを丸ごと忘れているのは、認知症の典型的な症状で、家族を困惑させます。こんな時、家族はどのように対処すればいいのでしょうか?私の今までの介護経験をもとに、対処法をお伝えします!

「さっき食べたでしょ!」は言っちゃだめ?

認知症の人は、時に異常な食欲を示すことがあります。過食の時期は、一食分のごはんを食べた後も空腹感が残っていて、「まだ食べていない!」と主張します。家族としては、本人の言っている意味が理解できず、「さっき食べたばかりでしょ!」と言ってしまいがちです。そんな時、どのように対応するべきでしょうか。食事が終わったことは事実なので、さっき食べた事実について伝えてあげるのは、悪い対応ではありません。ただ、その場合は伝え方がとても大切です。きつい口調で諭してしまうと、本人のプライドを傷つけてしまい、ふさぎこんでしまいかねません。

対策1:食べた事実を上手に伝える

Mon assiette vide - 2012-01-19 by fred_v
PHOTO:Mon assiette vide – 2012-01-19
by fred_v

認知症の人も、もの忘れが進んでいるとはいえ、断片的に覚えていることもあります。食事が済んだ後に、確認作業をすることで、納得してくれる場合があります。
具体的には、

  • 食べ終わった食器を残しておいて、本人に見せる
  • 食事済みのチェックシートを作ってみる
  • ホワイトボードに、本人から「食べました」のサインをもらっておく

といった方法です。
毎回、ご飯を食べた後に、このような確認作業を行うことで、「そうだった、食べたんだった」と納得してくれることもあります。

対策2:他の話題を振って、気をそらす

Arrow by haru__q
PHOTO:Arrow by haru__q

介護職として働いていて、一番有効だなと感じたのは、“他のことで気をそらす”という手法です。その時に重要なのは、本人の訴えを否定しないこと。「お腹が空いたんですね、じゃあ準備ができるまでお散歩しましょうか?」等、一度はお腹が空いた事実を受け入れてから、他の話題に持っていくことが大切です。

対策3:ホットドリンクやお菓子で小腹を満たす

Evening tea by gardenprophet
PHOTO:Evening tea by gardenprophet

空腹を感じている状態が続くと、不穏になりやすいので、温かい飲み物やキャンディなどで、少しお腹を満たすようにするのもいいでしょう。「今ごはんを作っているので、これを食べて少し待っていてくださいね」と言うと、納得して安心してくれます。実際、私の働いていた施設でも、そうした時のために、小さなお菓子を用意したりしていました。(食事が不規則にならないように、ごく少量にとどめるのがコツです!)

さいごに・・・

上でお伝えしたことは、ご家族にとってみると、本人を騙しているようで気が引けるかもしれません。ただ、どの対応も、ご本人のための手段の一つです。また、「お腹がすいた」という主張は、時には寂しさを伝えるための訴えだったりもします。一緒に色んな会話を行いながら、笑いを提供したり、昔話などをしながら向き合っていけるといいですね。

The following two tabs change content below.
佐藤 瑞紀

佐藤 瑞紀

元有料老人ホームのケアマネジャー。22歳で大学卒業してから約12年、老人福祉の世界で経験を積む。約10年介護士として高齢者と関わり、その後生活相談員を経てケアマネジャーとして着任する。高齢者1人1人とコミュニケーションを取りながらケアプランを作成することで、QOLの向上が少しでも実現出来るように考えてきた。現在は結婚を機に退職しており、主婦として日々奮闘中。
介護のお仕事

Facebookコメント