【教員が語る】専門職になる学生に、最後に伝える話

教員をやっているとよく「ご専門は?」「○○の専門性とは?」という質問を投げかけられます。ここでは、僕が卒業間際の学生に話す「専門性」のちょっと真面目なお話をご紹介します。

専門職という人々

 
日本に限らず多くの国では、学校制度の中で何かの資格を取得して「ある技術や知識を持つ者」になる人が数多く存在しています。業務独占・名称独占の違いはあるものの、その専門性(資格・学問)の下に何かを決定することができたり、何かを否定することができたり、何かを生み出すことができたりします。その知識・技術は専門職に(制度化された)特権を与えることにもなっています。

介護のお仕事

専門性をこじらせる

 
専門職と呼ばれる人もそれ以前に一人の人間です。自己承認・他者からの承認を求めることもやはりあるでしょう。一つの専門にのめり込むこともあります。しかし、それがおかしな方向に行くと…
人生をかけてその専門性を守り通すことだけにとらわれてしまう人が発生することも事実です。
俗な言い方ですが「専門性をこじらせる」とでも表現しておきましょう。専門職は自分の軸となる学問やその領域に示されたエビデンス(科学的根拠)に沿って物事を決定します。しかし、自分の領域や知識の範囲内だけにとらわれると視野が狭くなります。専門職というペルソナに支配されてしまうと、一人の人間としての自分や専門職として取り組むべき本当の目標を見失い、結果的に対象者の不利益につながることもありえます。
ハンナ・ アーレントの言葉を借りると「自分の能力の奴隷・囚人」になってしまうケースです。

専門職の言葉は、重い

 
イヴァン・イリイチは、専門職化が進んだことによって人々が「自分は病気だ」と言明する権利を失ってしまっていると指摘しています。つまり、医師に診断されてはじめて「自分は病気だ」と言える状態になるというような意味合いです。それが必要なケースももちろん多くありますが、専門職化が進んだことで、人生の多くを専門職に委ねることになってしまいかねないという危機感をイリイチは伝えています。
これは生活を支える専門職にも同じことが言えます。専門職がその職域の中で学んだことのみが好ましい事実であり、科学的根拠の有無だけで事象を語ってしまえば、そこから外れたものや対象者個人の嗜好・思想、ひいては生活そのものが潰されてしまうことになりかねません。

例えば…

  • 対象者「毎朝この運動をすると体調がとってもよくなるんだ」
  • 専門職「それは身体に悪いです、○◯先生の論文にエビデンスがあります」
  • 対象者「これを食べると血圧も安定して元気になるんだ」
  • 専門職「科学的根拠がないので、関係ないです。ていうかむしろダメです」
  • 確かに科学的根拠は大事ですし、エビデンスに基づいた支援も必要です。そして、専門職の言葉は良くも悪くも重くなりがちです。
    では、根拠以上に求められるものとはなんでしょうか。

    人類を進化させてきた、科学的態度

     
    某市販栄養ドリンクを「これ飲むと病気にならないんだ」と大事そうに飲んでいる高齢者と何人も関わりましたが「そんなものにエビデンスはありません、お金の無駄です」と◯◯学の本を片手に話すのは「科学的根拠」に基づいた姿勢とも言えるでしょう。
    科学的根拠という言葉は何かを否定する時、提供する時、非常に便利なものです。しかし、専門職である以上あらゆる事象を疑い、可能性を広げる姿勢、つまり「科学的態度」が根拠以上に求められます。
    ニュートン力学を例にあげるまでもなく、科学的態度を持つことで人類は進化してきたのです。科学というものは特殊なもので「この先生がこう言っている」「この本にこう書いてある」といった先人の遺産を脈々とベルトコンベアに乗せて受け継いでいくことができます。専門職はその遺産を容易に持ち出すことができますが、遺産を活用しながらも疑い、考え、 他分野を取り込みながら可能性を広げて行くことが大切です。

    自分の知識を超えたものや新しいもの、専門職以外の人が作り上げたものを「現時点で科学的根拠がないから」と否定するよりも、可能性と起きている事象に目を向けることに価値があります。

    おわりに

     
    目の前で起きていることを一つの学問や専門性だけで捉えていると可能性を見逃します。
    認知症の方と関わるときについても同様で、医療福祉の専門職だけでは視野が狭くなりがちです。病院にも施設にもいない他分野の専門職が関わることで、一気に物事が解決することや、我々医療福祉の人間が思いもつかないアイデアを提供してくれることもあるでしょう。
    一つの学問や先人の業績にこだわり過ぎるより「自ら動く・作り出す」ことが専門職には求められます。自分の専門や知識に誇りを持ちつつも、自由な発想の「非専門職としての私」を持つこと、前述の「科学的態度を持つこと」が大切です。
    よくいわれる多職種連携も、医療福祉だけでないあらゆる職種が共存することで、社会がよくなっていくのではないでしょうか。なんていうことを、学生さんには最後に伝えたりもします。

    The following two tabs change content below.
    軍司大輔

    軍司大輔

    前介護福祉士養成校学科長。介護療養型医療施設等で介護福祉士として従事した後、介護教員となり、現在は地域での介護事業に携わっている。介護職ネットワーク「ケアコネクト」代表として認知症勉強会や情報交換会を開催。国家試験実技実地委員、実務者研修・初任者研修・福祉用具専門相談員講習講師の他、介護福祉士養成校・各種試験対策講師を務める。教育と臨床の両面から地域で活動する。HR/HMギタリスト。

    編集部おすすめ記事

    この記事を読んだ人にぜひ読んでほしい、その他の記事

    介護のお仕事

    新着記事

    Facebookコメント