みんなで「認知症」に備えよう!

************************
【「備える」のも必要では?】

“予防”ならぬ“予備”という考え方。

「ならないようにしよう」という“予防”だけだと
なった時に「予防できなかった…」と落胆する。

備えあれば憂いなしで
「なることもある」という前提の“予備”があれば
なってからも安心できるのでは?

“予防”と“予備”
両方あればなおよしですね。
************************

「防ぐ=避けるべきもの」

「予防」とは、前もって防ぐという意味です。そして、予防しようとするものは、それを「避ける」ために行われます。

  • 事故予防
  • 感染症予防
  • 介護予防
  • 認知症予防

事故や感染は何が何でも避けたいですし、介護や「認知症」はできることなら避けたいと多くの人が思うことでしょう。取り組んだ結果、避けたいものを避けられたとしたら、それはそれで効果があったものとして嬉しいでしょう。

しかし、予防に取り組むということは、それを「避けるべき」という価値観のもとで取り組むわけですから、同時に「好ましくないもの」という価値観も強めてしまいます。

例えば、認知症予防に取り組めば、「認知症」を避けるために行っているのですから、「認知症」=「好ましくないもの」という価値観を、知らず知らずのうちに強められてしまい、もし、自分が「認知症」になった時には、「人生が終わった」というとらえ方にまでつながってしまうことにもなります。

介護のお仕事

「認知症」予防はリスクを高める?

「認知症」の予防のために良いとされていることを挙げてみます。

  • 規則正しい生活
  • バランスの取れた食事
  • 適度な運動
  • 趣味等で外出して人との会話を楽しむ  等

そして、推奨されているこれらのことは、実は健康寿命を伸ばすこと(=長寿)にもつながります。しかし、90歳を超えると60%以上の人が何かしらの「認知症」をもつと言われていますから、長寿になればなるほど「認知症」になるリスクも高まります。つまり、「認知症」予防に取り組むと、長寿になり、「認知症」になる確率を高めるという皮肉な構図になってしまうのです。

だからこそ、なることを避けようとするだけじゃなく、なったときに安心できて、自分らしく過ごせるように、前もって「備える」取り組みが必要なのではないでしょうか。

自分らしく過ごすカギは「習慣」にある

お風呂やトイレの習慣。
これは基本的に密室で行われているので、家族でもわからないことがあります。そのため、ノートに書いておくことや、誰かに話しておくことをおススメします。

他にも、「何をしている時がリラックスできるか」「食欲がない時でこれなら食べるというメニューは何か」「気分が沈んでいる時には誰の音楽を聴くと気分が高まるか」「慣れ親しんだ作業はあるか」など、自分の“快”/“不快”の感覚につながることも、誰かに話しておくようにしましょう。

「食事の最後の一口は好きなおかずで」
「お水は冷たいものより常温で」
「お風呂は基本シャワーだけ」

そんな事柄を、周りの人に知っておいてもらえたら、自分にとっていい関わりをしてもらえる確率は高まるでしょう。さて、あなたの周りに、あなたの習慣や好みを知っている人は、どれくらいいますか?

前回記事:「やらない=わかっていない」は本当か?

The following two tabs change content below.
ペ ホス (裵 鎬洙)
アプロクリエイト代表 コーチ/人材課題コンサルタント 「理由を探る認知症ケア」マスタートレーナー コミュニケーショントレーニングネットワーク講師 介護福祉士・介護支援専門員・主任介護支援専門員 【略歴】 兵庫県在住。訪問入浴介護、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、訪問看護、訪問リハ、通所リハ、訪問介護、介護老人保健施設等に従事。コミュニケーショントレーニングネットワークにて、コーチングやコミュニケーションの各種トレーニングに参加し、関わる人の内面の「BE(あり方)」が”人”や”場”に与える影響の大きさを実感。その学びと約20年の現場経験を活かした研修・指導には定評があり、これまでの参加者はのべ10,000人を超える。著書に「理由を探る認知症ケア~関わり方が180度変わる本~」がある。毎日新聞・医療プレミアでも連載中。

編集部おすすめ記事

この記事を読んだ人にぜひ読んでほしい、その他の記事

介護のお仕事

新着記事

Facebookコメント