見えないけど気づいてほしい「理由」~気持ち編~

************************
【行動の背景にある気持ちを受け取る】

グループホームに入居した人から
自宅にいた頃お世話になっていた訪問リハビリ事業所へ
「Aさんに来てほしい」との電話。
どうやら「(当時の)スタッフに会いたい」という気持ちからのようだった。

グループホーム職員に電話すると
「電話しないように電話帳を家族に持って帰ってもらいます」と…。

行動抑制を発想する前に
まずは本人の気持ちを受け取って欲しかったなぁ。

************************

お互いに困った瞬間

それはある日の午後でした。2ヶ月ほど前に自宅からグループホームに転居した利用者から電話がかかってきました。

その人は訪問リハビリを利用していたので、グループホームにリハビリをしに来てほしいというリクエストの電話をかけてこられたのでした。しかし、制度上、グループホームに介護保険サービスとして訪問リハビリを提供することはできません。電話がかかってきた時、スタッフを派遣できないので困りはしたけれど、電話がかかってきたこと自体が迷惑だったわけではありません。


利用者
ちょっと、A先生に、来てもらわれへんやろか

相談員
いやぁ、グループホームにはね、行かれへんのです

利用者
そうかいな。ほな、顔だけでも見たいから来てもらわれへんかな

相談員
それもすぐには難しいですわ。先生には電話あったこと伝えておきますね

いや、クレームじゃないんですけど…

 むしろ、環境が変化したけれど、以前のスタッフに会いたいと思い、電話をしてきてくれたことが何より嬉しかったのです。そのため、本人が寂しがっていることを、グループホームの職員にも知ってもらいたくて電話をしたのですが、電話に出た職員はクレームと思ったのか、「電話しないように電話帳を家族に持って帰ってもらいます」と即答されました。

「いや、そういうことではなく…」と説明もしましたが、伝えたかったことが伝わった感じがしませんでした。わたしは次のように考えていました。

  • その寂しい気持ちから電話してこられたんだとしたら?
  • グループホームの中になじみの関係がまだできていない?
  • スタッフが会いにいくと、ホームになじむ妨げになったら逆効果だしなぁ

そんなこんなでグループホームにスタッフを送ることはしませんでした。

表面的なことじゃなく、その奥の気持ちをくんでほしい

電話をかけるにも理由はあったのです。しかし、その理由に耳を傾ける、心を寄せるというものとは違った質感を感じたのです。

  • 利用者を「やってはいけないことをやる人」とみている?
  • 利用者を「説明しても理解できない人」とみている?
  • 利用者を「迷惑をかける人」とみている?

もし、仮にそうしたとらえ方をしていたのだとしたら、利用者は心を開くのだろうか? あなたならそういう人を頼りにできるだろうか? そして、このままだと利用者の気持ちに寄り添うことが難しくないだろうか?

利用者の言動の表面的なことだけに着目するのではなく、その根っこにある本人の本心に意識を向けられるかどうかは、実は、そんなわたしたちの向き合い方が大きく関係するんじゃないか…と考えさせられる出来事でした。

おわりに

人の言動というのは、自分の内面の「表現」でもあります。「表に現れる」と書いて「表現」です。つまり、行動とは、その人の内面にあるものが表に現れてきた結果なのではないでしょうか? そうだとすると、今回のような行動があった時に、「利用者の内面に何かがあったのではないか?」と可能性を探ってみることが大切なのではないでしょうか。

実際に、その答えにたどり着かなかったとしても、常にその可能性を探り続けることが、理由を探ることにつながるので、ぜひとも意識してやってみてください。

The following two tabs change content below.
裵 鎬洙
アプロクリエイト代表 認知症介護コーチ&講師 コミュニケーショントレーニングネットワーク講師 介護支援専門員実務研修講師 介護支援専門員専門研修講師 介護職員初任者研修講師 【略歴】  関西学院大学卒業後、訪問入浴介護サービスを手がける民間会社に入社。その 後、居宅介護支援事業所、地域包括支援センターなどで相談業務に従事。コミュ ニケーショントレーニングネットワーク(CTN)にてコーチング/コミュニケー ションのトレーニングに参加し、専門職のあり方が利用者にどれほど影響するか を実感。  現場での臨機応変な対応につながるコミュニケーションセンスやケアの観点を 一人でも多くの人に届けるべく、研修・セッション・執筆等を行っている。介護 福祉士・介護支援専門員・主任介護支援専門員。
介護のお仕事

Facebookコメント