認知症看護認定看護師に聞く!それぞれの分野に特化した認定看護師とは?

認知症看護認定看護師の市村です。ここ1年ほど、「認定看護師になりたい」という方からのご相談をよくいただくようになりました。とはいえ、まだ認定看護師についてご存じない方のほうが多いと思います。そこで今回は認定看護師がどのような資格なのかをご紹介させていただきます。

そもそも認定看護師とは?

認定看護師は1995年に日本看護協会によって作られた資格で、簡単にいうと専門性の高い看護師を育成し、看護師全体のレベルを上げることを目的にできた資格です。

認定看護師とは、本会認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することが認められた者をいいます
引用元:公益社団法人 日本看護協会

認定看護師には21の分野があります

筆者は認知症看護の認定看護師ですが、認定看護師はさまざまな分野があり、現在は21分野が認定看護師分野として特定されています。

分野 認定看護師数(※)
救急看護 1015名
皮膚・排泄ケア 2155名
集中ケア 1018名
緩和ケア 1833名
がん化学療法看護 1375名
がん性疼痛看護 757名
訪問看護 490名
感染管理 2304名
糖尿病看護 772名
不妊症看護 145名
新生児集中ケア 360名
透析看護 207名
手術看護 395名
乳がん看護 282名
摂食・嚥下看護 593名
小児救急看護 228名
認知症看護 651名
脳卒中リハビリテーション看護 580名
がん放射線療法看護 200名
慢性呼吸器疾患看護 220名
慢性心不全看護 238名

※2016年1月時点の認定看護師数(公益社団法人 日本看護協会HPより)

認定看護師はどんな活動をするの?

認定看護師の役割は、「実践・指導・相談」の3つとなっています。まずは看護師として実践のロールモデルになること、そして専門知識や技術などの指導、現場で直面している疑問への相談に乗るなどの活動をしています。

認定看護師になるための流れ

認定看護師になるためには次の条件をクリアすることが必要になります。