認知症の症状「取り繕い」は、誰にでもある!

母
あれ?昨日までここにあったのに。そうだ、娘がハンコ持ち帰ったんだ!

ヘルパーさんがいらっしゃった時、必ず伝票にハンコを押します。母はハンコ付きボールペンがお気に入りで、いつも使っているのですがよく失くします。

嫁いで姓が変わった娘は、ハンコを必要としてません。いわゆる「もの盗られ妄想」ですが、もうひとつの見方として「取り繕い」という考え方もあります。

取り繕いとは?

取り繕い・・・不都合などを隠そうとして、うわべを飾る

と辞書にあります。アルツハイマー型認知症の初期症状として、「取り繕い」はあるとよく言われていますが、認知症特有のものではありません。誰でも日々、「取り繕い」をしながら、生活しています。

例えば仕事に遅刻したとき、単なる寝坊だったとしても、

  • 道が混んでいて、渋滞で間に合わなかった
  • 人身事故が発生して、電車が遅延した

誰もが「取り繕い」をした経験、あるのではないでしょうか?わたしだって、自分のミスを素直に認めたくないとき、つい「取り繕い」をします。

わたしの「取り繕い」は巧妙なので、時に人を騙せてしまいます。しかし認知症の母の取り繕いは、”明らかに”間違いだということが分かります。認知症の方の取り繕いには”ズルさ”がありません。

場の空気が読めている、プライドが保たれている

もの盗られ妄想以外でも、いろんなパターンの「取り繕い」を聞いてきましたが、わたしは

  • 場の空気を読もうとしているなんて、すごい!
  • まだまだミスしたくないという、プライドが残ってるんだ!

こう考えるようにしています。ちなみに模範的な対処方法は「否定しない」というものです。しかし何度も何度も繰り返された場合は、わたしはやさしく指摘するようにしています。

我が家に来る医療・介護職の皆さまは、母の「取り繕い」によく騙されています。わたしから見ると巧妙さは全くないのですが、信じてしまうことが多いです。

母
わたしはね、毎日掃除をしないと気が済まないのよ。

確かに、キレイに保たれているように見える部屋。2年ほど前まではマメに掃除をする人だったので、自分では掃除しているつもりでいます。実際、掃除しているのは息子であるわたしで、母がデイサービスに行っている間にいつも大掃除をしています。

くどひろ プロフィール画像
くどひろ
キチンとしていると思われたいプライドが、まだあるんだな。

亡くなる前の認知症の祖母は、このプライドが失くなってしまったので、母はまだまだ大丈夫と考えるようにしています。

「取り繕い」を見抜くには、ある程度一緒に生活しないと判断できないなと感じています。

今日もしれっと、しれっと。



★くどひろさんの記事をもっと読みたい方は…
ブログ『40歳からの遠距離介護』で読む!

The following two tabs change content below.
くどひろ
1972年生まれ。ブログ「40歳からの遠距離介護」を運営する息子介護作家・ブロガー。祖母(要介護3)と母(要介護1)のW認知症&遠距離介護。 2013年3月に介護退職し、現在も東京と実家を年間20往復中。認知症サポーター、成年後見人経験者。『ひとりで抱えず、人に頼る。情報発 信し、同じ境遇の人をラクに!』をモットーに、しれっと介護中。著書「医者には書けない!認知症介護を後悔しないための54の心得」「医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得」
介護のお仕事

Facebookコメント