認知症の母の前ではどうしても風邪をひけない理由

認知症の母の前ではどうしても風邪をひけない理由

この季節、遠距離介護をしていて困るのが気温差です。

岩手県盛岡市は本州一寒い県庁所在地と言われ、厚着が必須です。しかし、都内や新幹線の中では暑すぎて、汗をかいてしまいます。コートを着たり脱いだりしているうちに、体調を崩してしまうことがあります。

つい先日も風邪をひいてしまったのですが、認知症の母には絶対に伝えませんでした。なぜか?

「息子への心配が、過剰になってしまうから」

です。

息子を想う母の気持ちは大変ありがたいのですが、認知症特有の”繰り返し”が病体にムチを打つのです。

母
熱は何度あるの?薬は飲んだの?寝てなさい!
母
早く病院に行きなさい!

1度ならありがたいのですが、何度も何度も同じことを繰り返します。せっかくの心配や愛情は、すべて憎しみへと変換されてしまいます。

くどひろ プロフィール画像
くどひろ
わ、わかったから…

以前風邪をひいたとき、こんな思いを経験したので、顔が赤かろうが寒さに震えようがいたって平然を装いました。

小さい頃の母なら、こんなときおかゆを作ってくれたよな…、氷まくらを持ってきたよな…そばに看病してくれる母がいるのに、まるで独り身で風邪をひいているのと同じでした。

熱を下げようと厚手の布団をかぶって寝ようとしたとき、ある事がふと頭をよぎりました。

介護に疲れた介護者は、風邪をひいた私と同じ状態

「介護疲れがひどい介護者も、風邪をひいた自分と同じだ…」

介護者が弱ってしまうと、認知症の人の言動を受け入れられなくなります。何度も同じことを言う、とんでもない暴言を吐くなど、いつもなら受け流せるはずが、弱っているために怒ってしまったり、辛く当たってしまったりすることがあります。

風邪で弱ったわたしが、母の心配をシャットアウトしてしまった出来事は、介護に疲れた介護者の日常ではないかと思ったのです。

認知症の人の言動をふつうに受け入れられない、ちょっとした事ですぐヒステリックになってしまうようなら、介護者自身の処方箋が必要です。

1日なら耐えられることも、1週間、1か月、1年とストレスが蓄積していると、何でもないことでイライラしてしまいます。

認知症の方の対応だけではなく、ご自身のお仕事や子育て、人間関係など介護者を疲れさせる要素はいっぱいあります。

「介護者の皆さま、疲れていませんか?」

介護者自身の体調管理、メンタルを保っておかないと、自分も大変な目に合うし、認知症の方にも迷惑をかけてしまいます。風邪をひいて、改めて学んだことでした。

今日もしれっと、しれっと。

★くどひろさんの著書はこちら

★くどひろさんの記事をもっと読みたい方は…
ブログ『40歳からの遠距離介護』で読む!

The following two tabs change content below.
工藤広伸(くどひろ)
1972年生まれ。ブログ「40歳からの遠距離介護」など執筆を生業にする介護作家・ブロガー。祖母(要介護3)と母(要介護1)のW認知症&遠距離介護からスタート。父(要介護5)も在宅介護して看取る。成年後見人経験者、認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。現在も東京と岩手を年間約20往復しながらしれっと遠距離介護中。

編集部おすすめ記事

この記事を読んだ人にぜひ読んでほしい、その他の記事

介護のお仕事

新着記事

Facebookコメント