要介護認定調査の当日は「家族の立ち会い」が必須です!

要介護認定、家族の立ち会いは必須

要介護認定とは介護サービスの必要度を判断するもので、介護家族にとってとても大切なイベントです。ところがわたしは、その大切さを知らずにある失敗をしてしまいました。

わたしの要介護認定失敗談

当時、要支援1だった母にケアマネさんと2人で再度、要介護認定を受けてもらいました。理由は、認知症と医師に判断されたからです。遠距離介護が始まったばかりの私は、立ち会わずに東京で仕事をしていたのですが、市の調査員の電話にびっくりしたのです。

調査員
調査員
調査させて頂いた時間においては、認知症だとは思いませんでした。

樹木希林さんの認知症のCMで、『先生の前だと、シャンとするんですよ』というセリフがありましたが、母はCMどおり調査員の前でシャンとしてしまったのです。できないこともできる、何ひとつ不自由なことはないと言ったそうです。

それから3年後、再び要介護認定を受けたときも、予想外のことが起きました。

調査員
調査員
現在、おいくつになられますか?
おばあさん
72歳です!

72歳、正解です。病院の認知症テストで2年間1度も当たらなかった年齢を、よりによって要介護認定の日に当てるという奇跡を演じたのです。しかし、今回はわたしが立ち会ったので、

くどひろ プロフィール画像
くどひろ
2年ぶりの正解です、病院のテストでは当たった事はありません

本人を目の前にして言いたくはなかったのですが、訂正しました。訪問介護、訪問看護、訪問リハビリ、デイサービスを利用している我が家にとって、調査時の「偶然の受け答え」で介護度が低くなって介護サービスを受けられなくなるのは困るのです。立ち会った結果、要支援1から要介護1に要介護度がアップしました。

最初の失敗経験を生かして、要介護認定の日は必ず実家へ帰省して立ち会うようにしてます。

家族として、調査員には事実を伝える。見栄をはらない

わが家の例のように、認知症の当事者の方が自分をよく見せようと、できないことをできるというケースがよくあります。

普段の状態を分かっているご家族ならば、その場で事実を伝え、訂正することができます。もし、本人が怒ってしまうようであれば、普段の様子を紙に書いて調査後に渡すのもいいでしょう。とにかくありのままを伝え、調査員に理解してもらうことが大切です。

「認定調査票」がネット上にあるので、調査員がどういう質問をしてくるか想定できます。回答を準備しておくと、介護者も安心して臨むことができます。

また、家族が要介護認定を受けることを恥ずかしがり、現状よりもいい状態で申告してしまうこともあるようです。どちらのケースもそうですが、見栄を張らず事実を伝えることに徹することがとても大切です。

要介護認定シミュレーションができるサイト

安心介護というサイトの中に、「白ひげ先生のらくらく要介護認定チェック」というものがあります。無料会員登録したあとで質問に答えていくと、介護度が表示されます。うちの場合は、ぴったり合致しました。簡易的なものですが目安として使えるので、要介護認定前に一度シミュレーションしてみるといいかと思います。

今日もしれっと、しれっと。

★くどひろさんの著書はこちら

★くどひろさんの記事をもっと読みたい方は…
ブログ『40歳からの遠距離介護』で読む!

The following two tabs change content below.
工藤広伸(くどひろ)
1972年生まれ。ブログ「40歳からの遠距離介護」など執筆を生業にする介護作家・ブロガー。祖母(要介護3)と母(要介護1)のW認知症&遠距離介護からスタート。父(要介護5)も在宅介護して看取る。成年後見人経験者、認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。現在も東京と岩手を年間約20往復しながらしれっと遠距離介護中。

編集部おすすめ記事

この記事を読んだ人にぜひ読んでほしい、その他の記事

介護のお仕事

新着記事

Facebookコメント