4人に1人が「介護うつ」。あなたの家族は大丈夫?

介護うつ――。介護に関わる人なら、一度は耳にしたことがありますよね。介護うつとは、介護により悩みやストレスから、うつ状態に陥ること。2005年の厚生労働省の調査では、自宅で介護をしている人の4人に1人は介護うつという結果も出ており、年々増加傾向にあると言われています。決して他人ごとではない介護うつについて、どんなものかを知ることで、早期発見につなげて欲しい。そんな想いから、介護うつの現状と対策についてまとめてみました。

急増する「介護うつ」とは?

data of worry or stress

上記は、同居している介護者の悩み・ストレスの有無を表したグラフです。男女どちらとも、悩み・ストレスありと答えた人は6割以上。食事や入浴、排泄など、日常生活を送る上で、介護をする瞬間は何度もあり、精神的にも、肉体的にも、大きな負担になっていることが伺えます。

特に介護うつになりやすい人の特徴として、