認知症の高齢者に「伝わる」音楽とは

高齢者に伝わる音楽

「音楽の花束」のGOTOです。音楽を携えて高齢者施設を訪問するようになって、耳が遠いから演奏が聴こえないかも知れないと言われていても、実際に演奏に行ってみるとコンサートに意欲的に参加されるということがわかってきました。

ドラム演奏で認知症改善?日本で進む新しい音楽療法のアプローチ

認知症のさまざまな研究の中で、聴覚はかなり最後まで残される感覚の一つだということは検証されてきています。音楽療法士の佐藤由美子さんの著書「ラストソング 人生の最期に聴く音楽」(ポプラ社)にも、冒頭の「最期まで残る感覚―“きよしこの夜”」の章で胸に迫るような臨床体験が語られています。

また最近は、音と脳の研究者&クラブDJの宮崎敦子さんが行っている「脳と音楽の関係」についての研究が、TV等のメディアでも紹介され始めました。中でも、ドラムの演奏を通じて認知機能の改善を促す“ドラムコミュニケーション”は、非常に効果の可能性が高いとして、東北大学加齢医学研究所川島教授と、介護サービス付き高齢者住宅「銀木犀」を運営する株式会社シルバーウッドによる、産学連携研究が行われています。

ドラムを叩くお年寄りのイキイキとした表情から、その効果が伺えますね。

GOTOもDCFA(ドラムサークルファシリテーター協会)主催のドラムサークル(FT・野田憲一さん)に参加したことがありますが、こちらはすでに障がい者のグループや地域の集まり、企業研修などでコミュニケーションを深めるためのひとつの大切な方法として活用されています。実際に参加してみると、湧き出るリズムに共感しながら気持ちが少しずつ開放されていくのを感じます。

音楽療法もドラムサークルも認知症改善に役立つことは明らかですが、無責任にすすめられることではありません。専門家の指導の下での実施、そして検証なくして効果は測れないので、これからまだまださまざまな研究者の活躍が必要です。こうして音、リズム、また音楽と高齢者の関係を、欧米に続いて日本でもさまざまな立場の多くのかたが真摯に研究に取り組み始めています。GOTOも、コンサートひとつとっても受け手の立場に立った、よりきめ細かい企画が必要とされていることを強く感じています。

「集中して楽しめる音楽」を提供するにはどうしたらいいか?

「音楽の花束」はそもそも親子で聴けるコンサートを手がけてきましたが、演奏中に音楽と関係ないことをしたり、走ったりしてしまう子どもがいます。そうした子どもは音楽を楽しんでいないのでしょうか?

「音楽の花束」では、もちろん周囲に迷惑をかけないことは少しずつ大人が教えるべきことと考えていますが、そもそもそうした子どもを巻き込んで、音楽を楽しませてしまおうという魂胆(意図)を持っています。GOTOは演奏家のみなさんとともに、ひとりひとりのそうした感覚に働きかけるさまざまな工夫をしてきました。その結果、会場では最後まで知らんふりを決め込んでいたかのように見えた小さな子が、帰り道にコンサートで演奏された曲を口ずさんでいた、といったエピソードには事欠きません。

「音楽の花束」が持っているこのスタイルは、ご高齢者向けのコンサートにもとても大切なことであるとわかりました。ご高齢者は、よほどお好きなことでなければ、長い時間同じことに集中することは、心身ともに疲れてしまいます。コンサートの途中でも席を立って別のことをしたくなったり、お手洗いに行きたくなることもあります。ほかのかたとおしゃべりをしたくなったりもします。認知症が深くなれば、なおその傾向は高まります。それでもそのかたにとって興味深い音が聴こえたり、楽しいと感じる音楽があるなら、集中できる時間は長くなり疲労度もさほどでなくなるようです。

今年5月の老人ホームでの「音楽の花束」コンサートで、「認知症なので長く同席できない」と言われたご入居者が皆さん1時間ほどのコンサートをじっくりと楽しんでくださったことは、記憶に新しいことです。

聞き手の表情や体のゆらし方から、気持ちを汲み取る

疲れるのか、飽きるのかに大きな違いがありますが、コンサートを提供する側としては覚悟するところは同じです。
聴いてくださるかたが心から楽しめるか。面白いと思って、集中していただけるのか。

再び亡父の思い出を辿ると、家に仲間を連れてきては楽しげに「鉄道唱歌」や「月の砂漠」、あるいは「同期の桜」「戦友」、さらには出身大学ではないのに慶応や早稲田など大学の応援歌や寮歌などを歌っていました。小学校高学年くらいの頃から伴奏を弾かされ、苦労したのを覚えています。GOTOの伴奏技術はまだまだ拙かったのですが、なんとなく軍歌や寮歌は元気よく勢いのある雰囲気、叙情的な唱歌はそっとやさしく、など考えながら弾いておりました。生意気にも小学生にいったい何がわかってそうしていたかというと、歌っている大人たちの表情や体の動きです。ひとつひとつの曲に、体をゆらしたり手拍子を打ったりしているのを見ながら雰囲気を汲み取っていたのです。

アライブ1

ご高齢者に向けた音楽提供を仕事にし始めたとき、マニュアルとしてご希望の曲をリサーチする、とか演奏の速さや音の高さを心地よいように調整する、といった音楽提供方法の具体的な留意点を含めた多くのことを学びましたが、それに加えてGOTOの気持ちの奥には常に、この父との思い出がありました。

ユマニチュードに通じる音楽演奏を

ユマニチュードという認知症ケアのスタイルがあります。フランスが発祥で、見る、話す、触れる、立つというコミュニケーションの4つの柱を重要視しています。ユマニチュードに取り組み、認知症であっても大切な友人であり家族であり、人として大切にするのだという意識を持ち、それを伝えることで、ケアを受ける認知症患者さんとの関係が変わっていき、状態も驚く程改善されるそうです。

このことは、音楽を提供する上でも大いに共通するものがあると感じています。よい演奏を聴いていただくというだけではない、音楽の喜びを届けようとする心のこもった時間を作りたいと考えると、音楽も介護も、そのままそれはコミュニケーションなのではないでしょうか。

その人がどう感じているか、心の想いをできるだけ読み取って返していくことで少しずつでも絆が生まれ、互の心の扉が開き、共感できる瞬間を生み出す。一緒に楽しんだり喜んだりする時間を作る。そんなふうに思います。

GOTOのご高齢者向けコンサート奮闘記、来月も引き続きお付き合いくださいませ。

The following two tabs change content below.
後藤 京子(GOTO)
「音楽の花束」代表。星美学園短期大学講師。東京音楽大学卒、同大学第2副科オルガン専攻修了、邦楽演奏コース長唄三味線専攻修了。1986年日本ピアノコンクール全国大会第3位、受賞記念演奏会出演、1987年読売新人演奏会出演。NHK邦楽技能者育成会に学ぶ。短大西洋音楽史講師、小学校音楽科教諭を経て2004年より「音楽の花束」のプロデュース活動を始める。2015年きらめき認知症シスター(きらめき認知症トレーナー協会認定)取得。カトリック東京カテドラル関口教会オルガニスト。デイサービス「空の花 高井戸」取締役副社長。>>公式サイトへのリンクはこちら「音楽の花束」
介護のお仕事

Facebookコメント