辛い介護の腰痛をやわらげる身体介助のちょっとしたコツ

腰痛

介護を行う上で切っても切り離せない「腰痛」の悩み。今回は、私が介護職時代の経験を通して身につけた、腰痛になるべくならないためのヒントを書いてみたいと思います。

介護職の退職理由でも多い「腰痛」

介護の現場は、お年寄りや障害者を抱えて移動させたり、中腰で作業することも多く、とても腰を痛めやすい環境です。私が同じ職場で働いていた同僚にも、年に数人はぎっくり腰になったという人はいましたし、ぎっくり腰とまでは行かなくても、腰の痛みをごまかしながら仕事をしている人は大勢いました。退職理由に腰痛を挙げる介護職員も少なくありません。介護施設だけだなく、老老介護が増えている今、腰痛は深刻な問題です。

腰を痛めやすいのはどんな時?

よく言われるのは、利用者さんを移乗させたり、入浴介助の場面です。長時間同じ姿勢でいて、急に動きを変えようとするときに、グキッと痛めたりするのはよくあることです。また、移乗するときに利用者さんを無理に持ち上げようとしたりすると、腕に無理な力がかかり、腰まで痛めてしまうことも結構あります。それから、中腰の姿勢を取り続けるのも、腰を痛める要因になるようです。

腰痛にならないための介助のポイント

腰痛を防ぐためには、介護者が余分な力を使わず、極力ラクな状態をキープして動くことが大切です。ポイントを挙げると、次のような点になります。どれも介助の基礎に忠実なものばかりですが、いざ介助を行うと、改めて基礎の大切さを実感します。

足を肩幅に広げ、腰を落とす(支持基底面を広く取る)

足を開き、膝をまげ、腰を落とす姿勢が、介助を行う上で一番安全で理想的な、姿勢です。身体の重心は低いほど安定します。テニス選手がボールがくるのを待ち構えている姿勢を思い浮かべてみてください。こうすることで、身体に負担をかけずに、次の姿勢に素早く移ることができます。

相手にできる限り近づく

本人にできる限り近づくことで、より簡単に介助ができるようになります。これは、自分の体の重心上に、相手のからだの重心を持ってくると、負担が少なくなることと関係しています。複数の重心ができるだけ近づくことで、負担が減ります。

「持ち上げる」のではなく「水平に動かす」

例えばベッドから車椅子へ移乗するケース。足をしっかり開いて安定した姿勢をつくり、相手の身体をスライドさせるようにします。身体を上下に動かすのではなく「水平」を意識することで、足腰に余分な負担をかけにくくなります。

車椅子をベストな位置に!

車椅子をベッドに寄せたり、車椅子のフットレストを外してみたり、リクライニングの位置を調節することで、移乗の際に妨げを排除することができます。
車椅子を調整するのに、最初は時間がかかりますが、慣れると快適な移乗ができるようになります。

ベッドをベストな高さに!

ベッドの高さを車椅子に合わせてきちんと上下させることも大事なことです。最近の介護用のベッドは電動のものが主流になっています。リモコン操作であらかじめベッドの高さを移乗させやすい位置に調整しておけば、自分で持ち上げる負荷を省略できます。

相手の「残存機能」をフル活用する

介助をされる側自身の力も上手に利用しましょう。足の力が残っているのであれば、自分の足で立ってもらう、という具合です。そのためには、日頃からきちんと相手とコミュニケーションを取って、相手の特徴や状況を知ることが大切です。

腰痛の予防に良いグッズ

腰痛の予防やリハビリに良いと言われるグッズをご紹介します。

腰痛ベルト


腰痛予防の定番といえば腰痛ベルトです。背骨の理想的な状態であるS字カーブを楽にキープできるので、再発予防にもなります。腰痛予防ベルトは、その素材や幅によって何種類もあります。自分に適した腰痛予防・骨盤ベルトを選ぶには、整形外科で処方してもらうのが良いようです。

多機能型車椅子

ケアマネの仕事も行う中で福祉用具をうまく活用するという方法もあることを学びました。認知症が進んでしまったり、体の大きな利用者さんだとなかなかリハビリも上手くできませんし、残存機能の活用が難しいこともあります。そんな時、例えば車椅子で言うと、水平移動が楽にできるようにアームレストやフットレストが取れるタイプの多機能型車椅子を使ってみるのも良い方法です。

移乗シート


抱きかかえて移乗させていた方を、持ち上げずに水平移乗する事ができるシートです。座位が保てず、従来2人がかりで抱きかかえて移乗していた方を、持ち上げることなく移乗することができます。体が大きな利用者さんや、骨折しやすいので気を付けて動かさないといけない場合に重宝しそうです。
2人がかりの移乗が可能な場合、身体の下にバスタオルを敷くのでも大丈夫です。

色々とご紹介しましたが、相手の体の状態によって出来ること、出来ないこと、利用できる福祉用具等も変わってきますので、担当ケアマネやPT(理学療法士)に相談してみるのも1つの方法だと思います。利用者さんと介助者双方がなるべく楽に生活出来るように、いいものは利用して、無理はしないことが大事だと私は思います。

腰痛になってしまったらどうすればいい?

私自身はあまり腰痛に苦しんだことがないので参考にはならないかもしれませんが、お風呂にゆっくり浸かって腰を温め、十分な休養を取るべきだと思います。また、家族に時折筋肉をほぐしてもらったりしていました。介助される側の体にも、それぞれ個性があります。それぞれの特徴を捉え、きちんと利用しながら力任せの介助をしないことが腰痛改善や腰痛にならないことにつながるのではないかと考えています。

The following two tabs change content below.
佐藤 瑞紀

佐藤 瑞紀

元有料老人ホームのケアマネジャー。22歳で大学卒業してから約12年、老人福祉の世界で経験を積む。約10年介護士として高齢者と関わり、その後生活相談員を経てケアマネジャーとして着任する。高齢者1人1人とコミュニケーションを取りながらケアプランを作成することで、QOLの向上が少しでも実現出来るように考えてきた。現在は結婚を機に退職しており、主婦として日々奮闘中。

編集部おすすめ記事

この記事を読んだ人にぜひ読んでほしい、その他の記事

介護のお仕事

新着記事

Facebookコメント